お日様と山と竜巻

「麦茶」のこと、どう思っているだろうか。「息子」とは、常識的にはどんな感じで認識されているのだろうか。べつに真剣に考えるわけじゃないんだけどね。

雲の無い木曜の午後にゆっくりと

[確実にこうで決まっている!」など、自分の価値観だけで人を裁くのは悪ではないと思う。
だけど、世間にはジェンダーと言われるものが人間の周りに漂っている。
それを考えれば自信を手に入れるのは良いけれど、きつく否定するのはどうなんだろう?と思う。
これも一意見でしかないんだけれど。
暮らしにくい世間になるかもしれない。

風の無い金曜の日没に座ったままで
この一眼レフは、昨日の夜、波打ち際で拾った物だ。
昨日は、8月の中盤で、ちょうど真ん中で、いつもより暑い日だった。
喫茶店で、恋人と気まずくなって、しばらく話したくないと告げられた。
気を取り直そうと、実家からこの海までスクーターでやってきて、海沿いをゆっくり散歩していた。
その時、少々砂をかぶったこの一眼に出会うことができたのだ。
手に取って試しに夜の写真を撮影してみた。
この落とし主より、うまくとれているかもしれないと思った。
彼女の笑った瞬間撮りたいとか、なかなかピント調節ってめんどくさいなー、とか思っていた。
明日あたり、なんとか会ってくれるなら、恋人に自分が悪かったと謝りたい。
それが済んだら、この一眼、落とし主に届けるつもりだ。

雪の降る月曜の夕方は料理を

手を出せば、完成させるまでに膨大な時間が必要なものが、世間にはたくさんある。
すぐにあげられるのが、外国の言葉だろう。
しかし、韓国語だけはまれに、日本の言葉と語順が一緒で、尚且つ音が似ているので、習得しやすいそうだ。
韓国語を勉強していた明日香ちゃんは、英語より確実に学びやすいのでお勧めだよとのこと。
なんとなくテキスト買ってみようかな・・・と思ったけれど、やっぱりハングルはお絵かきにしか思えない。

息絶え絶えで走る彼とよく冷えたビール
見物するために大変多く歩く動物園は、盆近くはたいそう蒸し暑くて厳しい。
友人と奥さんと子供と自分と妻と子供ともども連れだって観覧しに出向いたが、めっちゃ暑すぎて疲れた。
ものすごく蒸し暑いので、ライオンも猿もどんな動物もめったに歩いていないしし、奥の日陰に姿を潜めていたりで、非常に見えなかった。
この次は、涼しい水族館などが暑い季節はいいかもしれない。
子供がもう少し大きくなったら季節限定の夜の動物園や水族館も雰囲気が違って楽しめそうだ。

風の強い水曜の朝は冷酒を

人間の大半は水分だという研究もありますので、水の摂取は人類の重要点です。
水の補給を欠かさず、お互いに健康で楽しい季節を満喫したいものです。
ぎらつく日差しの中から蝉の声が聞こえるこの時期、いつもそこまで外出しないという方も外に出たいと思うかもしれません。
すると、女の人だったら日焼け対策について敏感な方が多いかもしれません。
夏の肌のスキンケアは夏が過ぎた頃に出るという位なので、どうしても気にしてしまう所かもしれません。
そして、誰もが気にかけているのが水分補給に関してです。
まして、普段から水分の過剰摂取は、良いとは言えないものの夏の時期は例外かもしれません。
どうしてかというと、多く汗をかいて、知らないうちに水分が出ていくからです。
外出した時の自分自身の体調も影響するでしょう。
ともすれば、自身で気づかないうちに軽度の脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
夏のときの水分補給は、次の瞬間の体調に出るといっても過言ではないかもしれません。
短時間だけ歩く時も、ちっちゃいもので充分なので、水筒があるととても経済的です。
人間の大半は水分だという研究もありますので、水の摂取は人類の重要点です。
水の補給を欠かさず、お互いに健康で楽しい季節を満喫したいものです。

息もつかさず熱弁する弟と紅葉の山
気になってはいても行ったことはない、だけれども、しかし、日が暮れての動物園は、夜に活動的な動物がものすごくはつらつと活動していて観察していて楽しいらしい。
けっこう前から興味あったけれど、日が暮れての動物園は見に行ったことがないけれど、娘がもう少しだけ動物をこわがらないようになったら見に行ってみようと思っている。
もう少しだけ理解できるようになったら、間違いなく、娘も喜々としてくれるだろうから。
よく行く動物園と異質の感じを自分も家内も楽しみながら味わってみたい。

ノリノリでダンスする父さんと枯れた森

身体検査は、いつもどこかしら引っかかる。
心音だったり、血液検査だったり、尿だったり。
胃のレントゲンをバリウムを飲んで受けてみて、検査結果をもらうと、胃がんの疑いがあるので、即時に、胃カメラを下記の病院にて受けてください。
と印刷されてあったのには、あせった。
あせったそして、不安だった。
至急専門の病院に診断されに原付で行ったら、結局、胃炎だった。
胃は以前から痛かったので、定期的な検査に引っ掛かったのはわかるが、文章で名前と胃がんの疑念が存在すると印刷されてあったら心配だった。

曇っている平日の早朝はビールを
お盆が近くなって、とうろう流しなどの行事が近所で実施されている。
ほど近くの観光施設では、竹や和紙で作ったとうろうが置かれていた。
近所のイベント会場では、夜更けには電気の照明はついてなくて、ろうそくの照明だけというのは、非常に眩しかった。
竹やペットボトルに囲まれてろうそくがついていて、繊細な灯りになっていた。
繊細な明かりが四辺の樹々を煌々と照らしていて大変きれいだった。

じめじめした水曜の夕方はお菓子作り

少年は真夜中の3時に目覚めてしまった。
夏休みもすでに10日ほど過ぎた頃だった。
あまりの暑さに目が覚めてしまったのだ。
せんぷうきは生暖かい風を送るばかりで、全然涼しいとは思えない。

寝れないし、お腹も空いたので、少年はカレーを作ろうと思った。
冷蔵庫を開け、肉と野菜を切って、炒めたり煮込んだりした。
夜が明けそうな時間には、少年の家からは、芳ばしいカレーのいい香りが漂ってきた。

熱中して叫ぶあいつと暑い日差し
仕事の関係で鹿児島に定住してみて、墓前に日ごとに、花をやっている人々が多人数なということに感嘆した。
老齢の女の人は、その日その日、墓前に草花をなさっていないと、隣近所の主婦の目が気になるらしい。
いつも、草花をやっているから、月々の花代もとってもばかにならないらしい。
その日その日、近辺のお歳をめしたの主婦の方は墓に集まって献花をあげながら、歓談もしていて、墓の辛気臭い空気はなく、まるで、騒がしい広場みたいに陽気な空気だ。

関連サイトやお役立ちサイト紹介です。


引っ越し業者 おすすめ
安い引っ越し会社さんは、一括見積りで探す。おすすめの引越業者の中から最安値の引っ越し会社を見つける。

サイトコンテンツ

「麦茶」のこと、どう思っているだろうか。「息子」とは、常識的にはどんな感じで認識されているのだろうか。べつに真剣に考えるわけじゃないんだけどね。

Copyright (c) 2015 お日様と山と竜巻 All rights reserved.