お日様と山と竜巻

たとえば、何もわからないエイリアンに「充実感」のことを説明するとしたら、どうする?「牛丼」の雰囲気とか、いや、まず地球や世界のことから説明するのかもしれない。

自信を持って叫ぶ父さんと冷めた夕飯

甘い食べ物がものすごく好みで、ケーキやだんごなどをつくるけれど、子供が色々わかる年になって作るものが限られてきた。
私たちが大変楽しみながら口にしていたら、子供が自分も口にしたがるのは当たり前だから子供も食べられるものを私がつくる。
自分は、チョコ系がめちゃめちゃ好きなのだけれど、娘にはチョコ系などは小さなうちは食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやリンゴをいれたケーキが体にもいいので、砂糖とバターを控えめに入れる。
笑った顔でおいしいと言ってくれたら、とってもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
近頃、ホームベーカリーも使ってつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

喜んでダンスする父さんと電子レンジ
一眼も、本当に楽しいと思うけれど、それとは違って例外的と言うくらい好きなのがトイカメだ。
2000円強出せばちっちゃいトイカメが気軽に持てるし、SDがあるならばパソコンでもすぐ再現できる。
現実味や、感動の瞬間を撮影するには、充実した性能のカメラが向いていると、思う。
ところが、その場の雰囲気や季節らしさを収める時には、トイカメラには他のどれにも歯が立たないと熟考する。

雲の無い土曜の夜は昔を懐かしむ

家の庭でハンモックに寝転がり、気持ちよい風に身をゆだねていた、休日の夕暮れの事。
空にはゆったりと雲が流れていた。少年は、家の猫が「シャギャァッ!」と吠える声に仰天して、ハンモックから逆さまに落ちてしまった。
目を凝らして観るとうちのネコはヘビに向かって、いつでも飛びかかれる姿勢で興奮しながらも威嚇していた。
蛇はあまり大きいものではなく、毒も持っていないっぽかったので、少年はほうきで追っ払い、猫を抱きかかえてもう一度ハンモックに横になった。少年は、猫の頭をなでてやりながら胸の上で寝かせ、気持ち良さそうに目を閉じる猫を見て微笑んだ。

そよ風の吹く大安の日没に読書を
暑い日に、沖縄まで出張に出かけた。
ここは、非常にあつい!
Uネックの上着の上から、背広。
汗まみれになりすぎて、スーツの背広はボロボロに。
泊まり先にに着いて、上着をボディーシャンプーで洗濯した。
乾いたらその上着はピンクグレープフルーツの香りがした。
上着がボロくなあるのではないかと心配したけれど、何があっても洗いたいと心に決めていた。

気分良く走る母さんと夕立

ネットニュースをいつも眺めるけど、新聞を読むこともけっこう好きだった。
今は、ただで閲覧できるインターネットニュースが多くあるので、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて買わなくなってしまった。
けれど、読み慣れていたからか、新聞のほうが少しの時間で大量の情報を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関わりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃い内容まで調べやすいことはある。
一般的な情報から関わりのある深いところまで調べやすいけれど、受けなさそうな内容も新聞は小さくてものせているから目につくけれど、インターネットニュースの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
最近では、アメリカ合衆国のデフォルトになるという話がとても気になる。
債務不履行になるわけないと普通思うけれど、もしなったら、他の国ももちろん影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

のめり込んでダンスするあの人と履きつぶした靴
服屋さんって私には無理・・・と考えるのは自分だけだろうか。
出勤の度に、職業柄しっかりお洒落をしないといけない。
私なんて、出張で仕事する時はスーツを着ればOKだし、化粧だってシンプルでそれでよし。
お出かけの時は、自分が納得する格好で良いし、家で働くときはTシャツにジーンズで大丈夫。
このことから、きっと、ファッションにかかわる商売には、向かないと思う。
ショップに入ると店員さんが近寄ってきてファッションポイントやコーディネイトを語ってくれる。
私はどうしてもそれに固まってしまい、買わずに去ってしまう。
これも、店員さんって難しそうと思う大きな理由の一つだ。

雪の降る水曜の夕暮れにこっそりと

友人の知佳子の彼であるSさんの物産会社で、いつも和歌山の工場で作った梅干しを注文している。
飲むと電話をかけてくるSさんが可愛がっている社内SEのEくんという働き者は、まったく会話がかみ合ったことがない。
ノンアルコールの時のE君、非常に人見知りが激しいようで、そう多くは返答してくれない。
なので、一回もEくんとはまともにトークをしたことがない。

控え目に走るあなたと私
バースデープレゼントに親友から貰った香水、フローラル系の匂いがする。
似合うボトルを頭に置いてチョイスしてくれた商品で、大きくなくてリボンの飾りがついていて可愛らしい。
香り自体もボトルもどのように言っても華やかではない商品だ。
ストアにはたくさんの商品が置いてあったけれど、目立たない場所に置いてあったもの。
形は本当にちっちゃい。
可愛くてお気に入り。
どこかへ行くときだけでなく、出張の時もバッグの中に、家で仕事をするときはそばに必ず置いている。
なので、カバンは、どれもこの香り。
だいたいいつでも身に着けているため、そうじゃないときは「今日あの香りしないね」と気づかれる場合もたまに。
香水ストアでさまざまな香りをつけるのは好きだが、この匂いが今までの中で最高に気に入っている香りだ。

蒸し暑い祝日の深夜にひっそりと

生まれた県が異なると普通に食べるものが異なることを結婚してからとっても分かることになった。
ミックスジュース飲む?と妻からふと聞かれ、コンビニででも買っていたのかなと思ったら、家で作るのが一般的みたいだ。
缶詰のフルーツとアイスを挿入して、普通の牛乳を挿入して家庭用のミキサーでミックスして出来上がり。
家庭でつくったものを飲んだのは初めてだったが、めちゃめちゃ美味だった。
おいしかったし、楽しみながら、俺も作り飲んでいる。

気分良く口笛を吹く家族と濡れたTシャツ
飲み会などのお酒のおともに、ぜひ健康に良い食材を!と考えている。
最近のおつまみは焼き葱。
それ以前はまぐろ。
そして、直近では鰻だけれど、高いのでそれも辞めた。
昨日、新たなおつまみを発見した。
パック入りの100円しないくらいのエリンギ。
細かく刻んで、オリーブオイルで炒めて、みりんと塩コショウを適量使用し味を調えたもの。
大分料金はリーズナブルだし、KCALも低い気がしませんか。

サイトコンテンツ

たとえば、何もわからないエイリアンに「充実感」のことを説明するとしたら、どうする?「牛丼」の雰囲気とか、いや、まず地球や世界のことから説明するのかもしれない。

Copyright (c) 2015 お日様と山と竜巻 All rights reserved.