お日様と山と竜巻

「お父さん」のことを特別に考えている人って、たくさんいるんだろう。今までしてきた経験や思い込みなんかが、「りんごジュース」と頭の中でくっついちゃうことって、無きにしも非ずと思うんだ。

夢中で跳ねるあの子と公園の噴水

明日香は、専門学校に入ってすぐ打ち解けた親友だ。
彼女の長所は、たいていの事は見逃すし、小さなことは、どうでもいいという寛大さ。
私が仲良くなりたいと話かけたそうだが、たしかに、そうだと思う。
話すと、すべてシンプルになるので、とても心が軽くなる。
痩せててスレンダーなのに夜、おなかがすいてハンバーグを食べに行ったりするらしい。

熱中してお喋りする弟と突風
旅に行きたくて仕方がなかった土地、それは真鶴岬だ。
初めて知ったのは真鶴という題名の川上弘美の文庫本。
でもこれは、私の未熟な感覚では、まだまだ深い感心はできていないと思う。
だけど、表される真鶴岬の雰囲気が大好きで、まだ見ぬ地に憧れを抱いていた。
静岡県の、神奈川県小田原市の県境にある真鶴半島。
突き出た部分が真鶴岬。
真鶴岬の少し先、海上に見えているのは三ツ岩という石が3つ。
一番大きな岩の上には鳥居があって、潮がひいたら歩いて向かえる。
思いかなって、話の中のこの様子を観光することができた。
私のカメラのメモリーは真鶴の様子がたくさん。
宿のお兄さんにまた来たいと言うと、喜んでくれた。

喜んで体操する姉ちゃんと気の抜けたコーラ

少し時間にゆとりがあったので、HMVに来店した。
追加でMP3プレイヤーに入れるミュージックを見つけ出すため。
近頃、かなり聞いたのが西野カナ。
常に聞いているのは洋楽。
ヨーロッパの音楽もかっこいいなーと思っている。
そこで、今回レンタルしたのはシャルロット・ゲンズブールだ。
甘いボイスとフランス語がミステリアスだと思う。

ゆったりと吠える彼と履きつぶした靴
梅雨が明けたばかりだけど、今日セミの鳴き声で目が覚めて、少年は「あぁ夏だなぁ。」と思った。
あと10日ほどで夏休みという日曜のお昼前、少年は縁側で入道雲を見ながらアイスを食べていた。
軒下では風鈴がときどき涼しげに鳴っていた。
朝から暑い日で、日光が少年の座った足を照りつける。
少年は半ズボン姿だった。
ほっぺたを伝って汗が流れ、アイスも溶けてきた。
少年は、近所の屋外プールのプール開きが待ち遠しかった。

悲しそうに口笛を吹く友人と穴のあいた靴下

個々で、物の趣味や気になるものが存在すると思うけれど、それらを聞いてみるのが大好き。
仲の良い子に質問してみると、まとまったお金、スベスベの洋服、母のことが好きで仕方ないとの事。
プラス、男の人の血管の見える手の甲。
それにロシア語の巻き舌。
私にはわからない。
りんごあめ、肌に直接厚手のニット、アバクロの香水、声のかすれた男女が好きだと、話してみた。
まさに理解不能だとの事だった。
まさにこれは、フェチという部類だという。

雲の無い日曜の早朝は窓から
少年はとってもお腹が空いていた。
来週から夏休みという頃、小学校から早足で下校していた。
蝉が大きな声で鳴いている。
陽の光は強く、夕方にもかかわらず、まだまだ陽は高かった。
少年は汗を手でぬぐいながら一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するときも多いが、今日はものすごくひもじかったため、急いで帰宅して何かを食べたかった。
少年が狙っているのは、昨晩のカレーの残り。
昨夜のカレーは、たしか鍋に半分くらい残っていた気がする。
ご飯だっておそらく、余りが冷蔵庫に入ってたはず。
少年は期待をこめて、早足で家へ向かった。
すると顔からは汗がますます流れてきた。

前のめりで熱弁する姉ちゃんと擦り切れたミサンガ

某有名芸能人が突然引退表明!!することで、TVでたくさんやっているが、めっちゃすごいなと思う。
また変わる総理大臣が誰に決まるかという話よりニュースでは順番が先ですからね。
どのような政治家が国の総理になろうが変わらないって思う人もめっちゃいますし、それより、大物司会者が芸能界を引退というほうが影響がでそうなんですかね。

喜んで歌う兄さんとファミレス
いつも、Eくんから届くMAILの話は、一体何が語りたいのかほとんど理解できない。
お酒が入っててもシラフでもよくいまいちだ。
そう思っていたけれど、彼が仕事の一環で書いたという、商品と募金に関しての文章を読ませてもらった。
意味の通じる文を書けるじゃん!と思って、感動した。

のめり込んで大声を出す友人と冷たい肉まん

笑顔って素敵だなーと思っているので、なるべく笑顔でいるように気を付けている。
もちろん、時と状況と考えて。
しかし、他人に押し付けてはダメだ。
つまり、一概には言えないが、個人的な考えとして。
会社にいる時はシリアスな顔で一生懸命に働いていた人が、笑ったその瞬間。
これも大好き。
笑い皺がある人がタイプ!とよく言う学生時代の友人。
その気持ちも納得できるかもしれない。

無我夢中で大声を出す先生と草原
なにかしら縫物の為の生地は高い。
子が幼稚園に入るので、袋が入用なのですが、以外と仕立てるために必要な布が金額がいった。
とりわけ、キャラクターものの縫物用の布なんて、大変高い。
キティーちゃんやアンパンマンの縫物の為の生地がたいそう金額がいった。
必要な大きさのの袋をお店で購入するのが早いし、お手軽だが、農村なので、園に持って行っている人は皆、家でつくったものだし、周辺に販売していない。

サイトコンテンツ

「お父さん」のことを特別に考えている人って、たくさんいるんだろう。今までしてきた経験や思い込みなんかが、「りんごジュース」と頭の中でくっついちゃうことって、無きにしも非ずと思うんだ。

Copyright (c) 2015 お日様と山と竜巻 All rights reserved.